住宅ローン金利が安い銀行に借り換えるメリットは?

住宅ローン金利が安い商品に借り換えとは?

住宅ローン借り換えとは、主に「より住宅ローン金利安いものにに借り換えることで、返済総額を抑える」という目的で行われる方法です。

 

大まかに2つの流れがあり「現在、利用している住宅ローンを一括返済する」「新たな住宅ローンを組む」ということになります。

 

住宅ローン借り換えがうまくいけば、毎月の住宅ローン返済額が抑えられる」ということになります。特に、高金利時代に住宅ローンを組んでしまった人、あるいは、変動金利タイプの住宅ローンを組んで優遇期間が終わったために、金利が高くなってしまった人は、検討の余地があります。

 

住宅ローン借り換えには、手間隙や費用がかかりますので「得をするのがどのくらいの金額か?」を具体的に考え、費用より得をする金額のほうが大きい場合に限って、借り換えを検討すべきです。

 

目安としては「現在のローンと、借り換えの候補としているローンとで、金利差が1%以上ある」「現在の住宅ローンが、返済期間が10年以上残っている」「ローンの残高が500万〜1000万以上はある」という人なら、借り換えのメリットが大きいという場合が多いです。ただこれは目安ですので、微妙に条件から外れているという人でも、実際に計算を行ってみると、得する部分が大きいというケースがあります。

 

この判断は、金融機関の担当者や、住宅ローンに詳しいファイナンシャルプランナーなど、プロフェッショナルに相談にのってもらうほうが、安心です。

 

住宅ローンの金利が安いものへの借り換えを決めた場合には「今組んでいる住宅ローンは一括で返済する」「新しいローン契約を結び、返済していく」ことを、並行して進める必要があります。

 

特に仕事を持っている方は、平日の昼間に仕事を休んで、時間を確保しなければならない可能性もありますので、効率よく手続きを進めましょう。

 

また、住宅ローンの借り換えは「新しい住宅ローンの利用審査を通過できる」ということが前提になります。たとえば、物件の担保評価額がローン残高より低いという現象が起こっていて、その乖離が著しい場合には、借り換えが難しいケースもあります。

 

ただ、このようなケースは実際には数多くありますので、これだけを理由に借り換えを諦めなくても良いでしょう。また、過去に延滞の履歴がある人、健康状態に不安があって団体信用生命保険に加入できない人、現在の収入が低い人などは、借り換えの契約が難しい場合もありますので、まずは金融機関に事情を話して借り換えができるかの確認をしましょう。


金利が安い注目の住宅ローンランキング!【2017年8月版!】

じぶん銀行住宅ローン
ランキング
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1
  • 三菱東京}UFJ銀行繰上返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利
スペック 矢印 申し込み

住信SBIネット銀行
ランキング
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度指数1位
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み

楽天銀行フラット35
ランキング
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
スペック 矢印 申し込み

ARUHI フラット35
ランキング
  • スピード審査・安定収入あれば申込可
  • フラット35最低水準金利
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • 便利に使えるARUHIメンバーズクラブ
  • 全国に店舗を展開
スペック 矢印 申し込み