住宅ローン金利安い返済方法

住宅ローン金利安い返済方法とは?

住宅ローンを返済すると言う場合「元金+利息」を返済するということです。金利が安いほうが得をするのは明らかなのですが、実は「元金+利息をどうやって返済していくか」にも注意が必要です。

 

返済方法として「元利均等返済」と「元金均等返済」という方法があり、このどちらにも特徴がありますので、ご自身の状況にあった方法を選ぶことが、大切なのです。

 

「元利均等返済」というのは、毎月返済する額を一定にするという方法です。一方で「元金均等返済」とは、返済する元金を一定にし、借入金にかかる利息を返済する元金に上乗せする方法です。

 

借入当初の返済額は大きくなり、返済額が徐々に減っていくというのが元金均等返済の特徴です。返済総額全体を抑えられるのは、元金均等返済になります。

 

場合によっては数百万円単位での違いが出ることがあります。というのは、元利金等返済を選ぶと、当初返済をするのは利息部分に集中し、元金がなかなか減らないという特徴があるからです。一方で、元利金等返済は、一定額の元金は必ず返済できていくので、利息が確実に減っていくのです。

 

しかし、元利均等返済にもメリットはあります。住宅ローンを若いときに組もうとすると、収入が低い状態で返済計画を立てることになります。

 

すると「元金均等返済では、負担が大きすぎて生活が苦しくなってしまう」という人も、元利金等返済なら生活がうまくいく、というケースはあるのです。また、毎月一定の金額を返すことから、資金計画が立てやすいのも、元利均等返済のほうです。

 

ご自身の状況に合わせて適した返済法を選ぶのが良いのですが、「違いがある」ということは、必ず知った上で選びましょう。

 

もう一つ、知っておいたほうが良いのは「ボーナス時増額返済」の危険性です。ボーナスは出ないこともあるので、増額返済をすることが可能かどうかを、良く検討しましょう。また、月々の返済額が少ない分、金利がかさみ返済総額としては大きくなるという可能性もあります。せっかく金利の安い住宅ローンを選ぶのならば、できるだけ「毎月、堅実に返していく」という方法を選ぶほうが、メリットは大きいです。

 

どうしてもボーナス時増額返済を選ぶのならば、ボーナスに期待するだけではなく、貯蓄などで支払いができるようにしておく必要もあるでしょう。ただ、そこまで慎重になるのならば、金利が安いのは毎月、堅実に返済をしていく方法だということも考えて、返済方法を選ぶのが良い方法だと思います。


金利が安い注目の住宅ローンランキング!