金利が安い住宅ローンの審査

金利が安い住宅ローンの審査とは?

住宅ローンを利用するためには、金融機関が行う審査を通過することが必要になります。また、金利の安い住宅ローンを見つけたから、借り換えをしたいという場合にも、やはり審査が必要となります。

 

住宅ローン審査では「重要視される項目」がいくつかあります。住宅ローンの申込をしたけれど、審査に落ちてしまったという履歴は、できるだけ残さないほうが良いので、ご自身が住宅ローンに通りやすい条件を満たしているか、よく考えましょう。

 

住宅ローン審査には「契約者に関する審査」「物件に関する審査」があります。人に関する審査としては「勤続2年以上(場合によっては3年以上)で安定収入があるか」「団体信用生命保険に加入できるか」「保証会社の審査に通るか」「過去にクレジットカードや消費者金融などで滞納した履歴があるか」「返済計画や借入れ金額は妥当なものか」などがチェックされます。

 

また「物件に関する審査」は「購入予定の不動産に担保価値があるか」というものです。たとえば、購入予定の不動産が非常に老朽化していたり、建築基準法に則っていない建築物であったりする場合、担保としての価値は低いと考えられる可能性があります。

 

さて「人」に関する審査ですが、職業・勤務先と勤続年数がチェックされます。職業や勤務先の業績等を確認が行われます。一般に自営業の場合は融資条件が厳しくなるといわれています。「勤続年数」も、およそ2年以上はないと厳しいとされています。借り換えの審査の場合は、さらに条件が厳しくなります。

 

最近は、転職をする人が増えていますし、起業したいという方も増えているのですが、これらのことで「勤続年数が短い」「自営業に該当してしまう」ことになって、住宅ローン審査が厳しくなってしまうケースは、あります。

 

また「団体信用保険(団信)」に加入できるかどうかも、チェックポイントとなります。団信は「20才〜70才までの健康な方」が加入できることになっています。新規に住宅ローンを組む場合よりも、借り換えを考える場合には、年齢が高くなっている人が多く、その分、健康を損なってしまっている人も多いでしょうから、注意が必要になります。

 

他にローン契約をしているかどうかもチェックポイントで、カードローン、カーローンなどの借り入れ状況と、延滞などの事故歴がないかをチェックされることになります。延滞の履歴がある方は、残念ながら融資が厳しくなる傾向があります。


金利が安い注目の住宅ローンランキング!