住宅ローン減税とは?

住宅ローン減税とは?

住宅ローンを組む場合は「住宅ローン減税」についても知っておくと良いでしょう。

 

住宅ローン減税とは、住宅の購入・増改築を促すために、住宅ローンを組んだ人を税金を優遇する制度のことです。新規の住宅購入だけではなく、住宅のバリアフリー化や省エネ化を行う場合にも、減税の対象となります。

 

平成21年に減税額が拡大されており、最大600万円が減税されるケースもありますので、活用していきたい制度と言えますね。

 

注意が必要なのは、住宅ローン減税は「公庫や民間金融機関」で住宅ローンを組んだ場合に適用が受けられる制度、ということです。ご両親や親戚などから直接お金を借りたり、物件を譲ってもらったといった場合には、この制度の適用が受けられず、場合によっては贈与税などがかかってしまう場合もあります。

 

そのような形で住宅を手に入れるのが良いか、面倒でも金融機関で住宅ローンを借り入れる手続きを取るのが良いか、しっかり考えるほうが良いでしょう。

 

また、住宅ローン減税は「償還期間10年以上」の住宅ローンに適用されるということになっています。資金繰りに余裕があって、住宅ローンの償還期間を短く設定する方もいるかもしれませんが、減税のメリットを選ぶか、早く返済し終わって安心するメリットを選ぶか、ということも考えなければなりません。

 

もしも、住宅ローンの借り換えを途中で行ったといった場合には、借り換え後の償還期間が10年以上になるならば、この制度の適用が受けられます。

 

住宅ローンの借り換えを行う場合には、「新しい住宅ローンが当初の住宅ローンの返済のためのものであることが明らかなこと」「新しい住宅ローンが住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)の対象となる要件に当てはまっていること」という要件を満たさなければなりませんが、ほとんどの場合はこの条件を満たすことができるでしょう。

 

ただ自動的に、この制度の適用を受けられるのではなく、住宅ローン減税の再適用の手続きを、自ら行わなければならない点に、注意が必要です。

 

住宅ローンの契約を、一度結んだら、これから数十年という長いお付き合いをすることになります。そのため、疑問点や不安な点があれば、金融機関の担当者にきちんと相談しておきましょう。

 

担当者の答え方が曖昧で、わかりにくい点があれば、その金融機関とは無理にお付き合いを続ける必要もないかもしれません。また、ファイナンシャルプランナーなどのプロフェッショナルに、相談に乗ってもらうのも、良い方法かもしれませんね。


金利が安い注目の住宅ローンランキング!【2017年8月版!】

じぶん銀行住宅ローン
ランキング
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1
  • 三菱東京}UFJ銀行繰上返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利
スペック 矢印 申し込み

住信SBIネット銀行
ランキング
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度指数1位
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み

楽天銀行フラット35
ランキング
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
スペック 矢印 申し込み

ARUHI フラット35
ランキング
  • スピード審査・安定収入あれば申込可
  • フラット35最低水準金利
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • 便利に使えるARUHIメンバーズクラブ
  • 全国に店舗を展開
スペック 矢印 申し込み