住宅ローン金利が安いタイミングとは?

住宅ローン金利安いタイミングとは?

住宅ローンの支払い額を、なんとかして抑えたい、住宅ローン金利を安くしたいという場合、ベストなタイミングでの決断が必要です。

 

借り換えを行う場合には「金利の安い住宅ローンを見つけたから!」というだけで突っ走っては後悔します。また、繰上返済を行う場合でも「手元に生活費を残す」「収入の増減の予定などを一度しっかりと考えて、期間短縮型・返済額軽減型の選択をする」ということが必要になります。

 

借り換えのタイミングとして「今借りているローンの金利より、おおむね1パーセント以上、金利が安い住宅ローンを見つけたとき」には、良いタイミングと言えるかもしれません。

 

ただ、このほかにも「残りの返済期間が10年以上ある」「ローンの残高が500万〜1000万以上はある」という条件がそろっているなら、借り換えを考えるのに良いタイミングと言えるでしょう。

 

借り換えには、大変な労力と費用がかかり、費用は数十万円にのぼる場合もあります。借り換え目的で利用できる住宅ローンの中には、借り換えの費用も含めて融資してくれるケースもありますが、そうでない商品もありますので、手元に用意できるお金がどのくらいか、ということも考えて下さい。

 

繰上返済を行う場合には「他の出費とのバランス」を考えることも大切です。繰上返済は「早くに元本部分を返せば返すほど、その部分にかかる利息が節約できる」というメリットは、確かにあります。

 

ただ、繰上返済で使ったお金は、ご自身の裁量で使えるお金ではなくなりますので、「ご家族の健康状態が少し不安なので、手元に現金を残しておく」「現在は家庭に入っている主婦が、将来は社会復帰を考えているので、そのタイミングで繰上返済を考える」という決断も、ありえるでしょう。

 

このように「金利の安い住宅ローンがあった」「余裕資金ができた」という部分だけを見るのではなく、将来のことを踏まえた決断が必要なのです。

 

もし万が一、リストラや病気、ケガなどで住宅ローンの返済ができなくなった場合、やみくもに金利の安い住宅ローンに借り換えるよりも、まずは借り入れをしている金融機関に相談をして、返済方法を検討してもらうほうが、メリットが大きい場合もあります。

 

金融機関の方針などにもよりますが、たとえば「しばらくの間、利息部分のみの返済」を提案してくれるというケースもあります。無断で返済をしないと「延滞」の事故歴が個人信用情報に登録されてしまいますので、注意が必要です。


金利が安い注目の住宅ローンランキング!【2017年10月版!】

じぶん銀行住宅ローン
ランキング
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1
  • 三菱東京}UFJ銀行繰上返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利
スペック 矢印 申し込み

住信SBIネット銀行
ランキング
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度指数1位
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
スペック 矢印 申し込み

楽天銀行フラット35
ランキング
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円〜
スペック 矢印 申し込み

ARUHI フラット35
ランキング
  • スピード審査・安定収入あれば申込可
  • フラット35最低水準金利
  • 住宅ローン専門で10年の実績
  • 便利に使えるARUHIメンバーズクラブ
  • 全国に店舗を展開
スペック 矢印 申し込み